筆・刷毛について

About brushes

現在、筆・刷毛と一般に呼ばれているものには大きく分けて絵画用・書道用等があります。
絵画用には日本画・デザイン・油絵・染色・水彩・漆器・陶器・人形等各界の用途によって別けられており、書道用は文字を書くことのみに使用されております。
ではなぜ、このように多くの種類に別けられて作られているのでしょうか。

まず第一に1本の筆すべてのものを描く事は出来ません。
また、書道用の筆では絵を描く事は出来ません。
理由については書道においては一般的に、筆を上半分までおろし、墨を含ませて使用されております。
絵画用の筆は毛の根元まで絵具を含ませて使用致します。
なお、使用方法が違うため筆造りの時に毛の組み方がまったく違います。
ですから、書道用の筆を絵画用として使用することは出来ません。
でも、逆に絵画用(特に日本画用)の筆は書道用として使用することが出来ます。

​使用後の

お手入れ方法

毛の種類